デモカーWRX

ブレーキ関係

DEMOCAR Z同様、ノーマルブレーキでは容量不足がみられ、今回も実績のある”エンドレス“のモノブロックキャリパーキット(MONO6&4)を使用しています。これにより全てのサーキットに対応、ブレーキパッドも信頼性の高い”制動屋“をチョイス。多くの摩材を使用して各サーキットでのタイムアップを図ります。

エンジン関係

エンジン・タービンはノーマルのまま、“HKS”のフラッシュエディターにて現車セッティングを行っています。ノーマルブーストアップでは限界の370PSまでパワーを引き上げており、低速より鋭い加速を得られるようにしています。

インテリア

こちらも“レカロ”フルバケを使用。しっかりしたホールド性を確保し、ドライビングの手助けをしています。

エクステリア

基本的にはノーマルをベースにして、“VARIS”のエアロでスタイリング&機能性をアップさせています。今回はGTウイングを使用せず、純正ウイングで最後までセットアップする予定です。

記録

現在、鈴鹿サーキットで2分22秒226、つくばサーキットで1分1秒307と好タイムを出しています。
今後さらにタイムアップを図るためマシンセッティングをつめていきます。

  • チューニングBLOG